プライベートの開発時間がもっとほしい

仕事だけだとエンジニアとしてスキルをあげるのには不十分だと考えて、プライベートでの開発を1年くらい前からずっと続けている。

会社の同僚とのWebアプリ開発、自分だけでのWebアプリ開発、あとこのブログも一応「開発」というくくりにしている。

このブログはブログフレームワークのhexoを使っていて、hexoのテーマの改造とかは開発って言っちゃっていいだろと考えている。

あと、JavaScriptのライブラリ的なものも作成しているが、こちらはまだライブラリとしてnpmに公開とかはできていないので早く公開したい。

今私がやっているプライベートでの開発プロジェクトを挙げてみた。

プライベート開発のプロジェクトたち

  • ブログ
    • このブログ
  • Webアプリ
    • yourdevice
      • スマホの端末情報を表示するだけのアプリ
    • 同僚と共同開発のWebアプリ
      • 競馬のデータをゴニョゴニョするアプリ
    • スマホでPDFを見るアプリ
    • ファイル送信アプリ
    • JavaScriptのパフォーマンスを計測するアプリ
  • ライブラリ風プロジェクト
    • 数をゴニョゴニョするライブラリ
    • 他数個

挙げてみてわかったが、結構ある。
たぶん10個は超えている。

ただ、毎日開発しているのは4個くらいで、他は時々やるみたいな感じになっている。

開発のモチベーションをあげるために、プロジェクトはgithubとgitlabで管理して、commitすると草が生えるようにしている。

ソースが見られてもいいプロジェクトはgithubを使い、ソースを見られたくないプロジェクトはgitlabを使っている。

下記が私の草である。

草がなんのことかわからない方は、「github 草」でGoogle検索してみてください。

githubの草

gitlabの草

カレンダーがタイルで表現されていて、色の付いたタイル(日)は活動を行ったということがわかるようになっている。

活動すると色が濃くなる。
githubだと緑、gitlabだと青。

開発をすればするほど色が濃くなる、タダそれだけだが、それを糧に日々パチポチと暗い部屋でキーボードをたたいてる。

白いタイルができないように毎日色が埋まるように頑張っている。

仕事から帰ってきてからご飯食べて、風呂入ってからやるので、22時くらいから始めて24時には終わるようにしているが、22時に始められるのはいい方で、23時くらいから始めて日付をまたぐことも結構ある。

開発自体は楽しいが、次の日がつらい。

体力と睡眠時間と開発時間を誰か大量に私にわけてください、もちろんタダで、というのが最近の私の切なる願いだ。