スマホのバッテリの簡単キャリブレーション方法(たぶん)

スマホは何回も充電を繰り返しているうちにドンドンとバッテリーの持ちが悪くなっていきます。

そんな際にはバッテリーのキャリブレーションが効果があります。(たぶん)
あまり効果が無いというような意見もあるようですが、私の経験上では結構効果はあるかなと思います。(たぶん)

https://jp.ifixit.com/Wiki/Battery_Calibration によると

  1. フル充電後、少なくとも2時間以上充電を続けます。
  2. プラグを外し、バッテリーが残量0になるまで、通常通り使用します。
  3. それから100%まで中断なくフル充電します。

とあります。1-3を2回繰り返す方法もあるようですが、私の方法はもっと簡単です。

  1. フル充電かどうかは関係なくyoutubeアプリを再生し続け、端末が自動でシャットダウンするまで使用
  2. それから100%までフル充電

です。

これでバッテリー残量がすぐになくなっていたのが、結構持つようになります。

で、キモの部分はyoutubeアプリを再生し続けるところです。

キャリブレーションする際に一番面倒なのは電池の残量を0%にするところです。

ゲームなどの消費の激しいアプリを使って0%にしようとすると、逆にまだ残量がかなりある状態でシャットダウンしてしまったりします。

残量が10%あったとして、

  • A. 毎分1%減っていく場合
  • B. 毎分5%減っていく場合

Aだと0%になるのは10分後、Bだと2分後です。

Android端末が自分のバッテリー残量が1分後に0%になると予測した場合、電源が切れると仮定すると、Aは9分後の残量1%の時、Bは1分後の残量5%の時に端末がシャットダウンする計算になります。(たぶん)

なのでAのような状態で電池を使った方が0%に近い状態で端末がシャットダウンできます。(たぶん)

で、Aのようなバッテリーが徐々に減っていく方法を色々試した結果youtubeの再生が一番いいという結論に達しました。

スマホは動画を見る場合の処理が最適化されている(GPUをうまく使っている?)ようで、実はバッテリーの減りがあまり早くありません。

だからyoutubeを再生するとAのようなゆっくりな減り方をしてくれるのです。(たぶん)

経験と推測のみの方法なので絶対よくなるとは言えませんが、バッテリーの減りが早いなと思ったら試してみてください、まる。