Lubuntuで輝度設定がうまくいかない

サブノートPCのXubuntuをアップデートして20.04.1にしたらうまく動かなかったので、Lubuntuの20.04を入れて使い始めてから3か月程経った。

Lubuntuはちゃんと動いているが、輝度設定がどうもうまくできない。

GUIで輝度が設定できる”Brightness Settings”はバーをいじって設定を変えると、画面の輝度自体は変わるように見えるのだが再度”Brightness Settings”を開くと値が元に戻ってしまっていたりする。

値をいじれるバーのようなものが2つ表示されるのだがなぜ二つなのかもよくわからない、なおどちらをいじっても画面の明るさは変わる。

調べてみると輝度自体は下記のファイルの値を使っているようだということがわかった。

1
2
3
/sys/class/backlight/xxxxxx/brightness
/sys/class/backlight/xxxxxx/max_brightness
/sys/class/backlight/xxxxxx/actual_brightness

なのでその値をいじってみると確かに画面の明るさが変わる、ただここで手動で値を変えてから”Brightness Settings”を開くと何も値が変わっていないのだ。

そもそも”brightness”というのは何を意味するのか。

調べるとBrightnessは輝度という意味だと思っていたが、単純に明るさという意味もあるようだ。

で、このLubuntuではbrightnessは何を意味するのか。

うーん、よくわからんのでここで終了。