Raspberry Pi のカメラのフォーカスが接着剤で固定されているかも問題

カメラレンズの下の部分に接着剤みたいなのが付いている、白い部分は私が接着剤を削ろうとしてできたもの

ラズパイのカメラが壊れて買いなおしたという記事を書いた。

で、カメラ自体は動いたのだがどうにも映像がぼやけている。

ラズパイのカメラはソフトウェア的にフォーカスをいじくると思っていたが、調べてみるとレンズの周りの丸い部分にでっぱりだかへこみがありそれをとっかかりにしてグるんと回すことでフォーカスを変えられることが分かった。

で、いじってみようとしたのだがレンズの周りの丸い部分がどうにも回らない、よーく見るとそのあたりに接着剤の跡のようなもの(冒頭の写真参照)があって回せない。

で、壊れたカメラの方を見てみたのだがそちらも回せないようになっていた。。。

壊れたカメラも新しいカメラもAli Expressの同じショップで買った。

日本での価格よりかなり安い500円以下で売っていたので、パチモンなのかなとは思っていたがその可能性が高い。

フォーカスさえ合ってくれればパチモンだろうがなんだろうがどっちだっていいのだが、うーむ。