給料上がれ 『人生と道草』

吉祥寺コピスに並ぶ 『人生と道草』

誌名:『人生と道草』

刊行間隔:年1回?

価格:1,000円(税別)

発行:旅と思索社

形態:雑誌/A5判

吉祥寺のコピスの雑誌コーナーを見ていたら、気になる雑誌があった。

その名も『人生と道草』。

すぐにレジに持って行こうと思ったのだが、雑誌の裏を見ると「1,000円」と書かれていた。

サイフの中にはお金がほとんど無かったので、泣く泣く棚に戻した。

出会ってピンと来たらすぐに買うべきなのはわかるのだが無い袖は振れない。

雑誌をパラパラとやってみたが、たぶん編集人というか発行人というか書いている人が道草というか色んなとこを散歩しているのだと思う、たぶん。

ちゃんと読みたかったが立ち読みで読破しても切なくなるので、ちゃんと買って読みたい。

家に帰って調べてみると、旅と思索社 という出版社から出ているようだ。

神田でいちばん小さな、ひとり出版社。と書いてある。

以前、本の雑誌のひとり出版社特集みたいなのに載っていた会社かもしれない。

ひとり出版社って非常に甘美な響き、大変なんだろうけど楽しそう。

家族がいるからそんなことできないけど。

『人生と道草』は3号まで出ているようだ。

そういえば、おもちゃ屋さんでミニ四駆が売っていたので懐かしいと思って見ていたらミニ四駆一個が1,000円となっていた。
1,300円というミニ四駆もあった。

私が買っていた1988-90年くらいはたしか一台600円だった。

ミニ四駆の値段が倍近くに跳ね上がっているということは給料も当時の2倍くらいになっているということだろうかと思って大卒初任給の上がり方を調べてみたが当時とあまり変わらない。

当時が15万くらいで今が20万、倍ほどは違わない。

ミニ四駆は倍で、給料は倍になっていない。

なんで雑誌が買えなかったのかがわかった。

今年の目標、『人生と道草』を3号まで買う。

迷子楽しい

今日実家から家までチャリンコで帰ってるときに、小学生時代によく使っていた道を通ろうと思ったら道に迷った。

昔は古い団地があったところが新しい団地になっていて、記憶とかなり違う。

こんなキレイな建物あったっけ?

この道ってこんなキレイで整備されてた?

ここはどこ?

あ、迷った!

と思ったらいつも通っている西友の前に着いていた。

そのままいつもの道で帰ってきた。

地元なら大体の道を知っているとか思っていたけど、いつも通っている道以外はほとんど知らないつーことがよくわかった。

すごいいいことが思い出せない

今日の夕方に実家から家までチャリンコ帰ってるとき、すごいいいことを思いついた。

それをブログに書こうと思ってウキウキしながら帰ってきた。

風呂に入り、夕飯を食べてPCの前に向かったらすごいいことは頭の中に残っていなかった。

何だっけと考えてみても何も浮かんでこない。

そもそも、すごいいことを思いついたという記憶も怪しい。

そんないいことだったのか、いや、いいことだったら覚えてるだろ。

大したこと無いから覚えてないのだ、いやそんなことない。

記憶がおぼろげなため、もうどっちを信じていいのかもわからない。

このままいいことを思いついた前提で悩み続けるか、それともそんなもんなかったと決めつけて寝るか。

昔は記憶力に自信を持っていたが、最近は記憶力がスゴイ勢いで磨り減っていっている。

うん、だからもう寝よう。

SeptemberとDecemberもわかりにくい

SeptemberとDecemberと聞いてすぐに日本語で「9月と12月」と答えられる地球人は何人いるのでしょうか。

少なくとも英語と日本語のバイリンガルである必要があるので、1万人から1000万人くらいでしょうか。

多いんだか少ないんだかわかりません。

バイリンガルのガルは”girl”がなまったもので、バイリンガルは女性しかなれないと思っていました。

でもバイリンガルは”bilingual”です。”girl”なんて入ってませんね。

一つの言語しか話せない人はモノリンガル(monolingual)と言うみたいです。

「リンガル」っていう響きがなんだか気持ちいいです。

何でもお尻にリンガルを付けたらとても気持ちよくなるかもしれません。

そんなとこで、今日は終わリンガル。

Linuxマシンをスゲー安く作る

termuxに入ったdebian

Linuxマシンがほしくなったら、ヤフオクでAndroidを探してTermuxを入れろ、以上!

いきなり結論です。

意味がわからない方はすいません、今回はYahooニュースとか見といてください。

WindowsでWebアプリの開発をしていると、Railsを使う時とかNode.jsを使う時とか結構めんどくさいことが多くあります。

そもそもWindowsの場合ターミナル(黒い画面)の出来があまりよくないのでcygwinというWindows上でLinux風に動くターミナルを使ってお茶を濁しています。

Windowsで本格的にLinuxを動かしたいのであればVirtualBoxとVagrantを入れる必要があります。

VirtualBoxとVagrantのインストールはあまり大変じゃないので、すぐにWindowsでLinux環境が作れるのですが「Linuxマシンが動いている感」が非常に薄いのは否めません。

なぜならWindows上でLinuxが動いているからです。

で、冒頭の結論です。

安いAndroid端末を買えば簡単にLinuxマシンになるよっつーことです。

ヤフオクでは中古のAndroidが安く売られている

ヤフオクでは毎日スマホが大量に出品されています。

iPhoneは高いですが、Android端末は安く買えます。

画面割れとか非人気の古いものであれば2000円以下で手に入ります。

さらにメール便で送ってくれるところも多いので、送料が200円くらいで済みます。

端末と配送の保証とかはないですが、そもそも中古なので保証はあきらめましょう。

掘り出し物をゲットする感覚でいきましょう。

できればSIMフリーの海外メーカーのものを買う

あと、できればですが日本の国内メーカー(SonyとかSharpとか)のものよりも、海外メーカーのスマホを狙いましょう。

製品としての出来映えとか完成度で見た場合は日本国内メーカーのスマホの方が海外メーカーのスマホよりよくできてます。仕事が丁寧なメーカーが多いということでしょう。

ですが、日本国内メーカーの端末はSIMフリーのものが少ないうえに、グローバルに展開しているメーカーが少ないためカスタムロムを入れたりroot化したりするのが非常に難しいです。
(Sonyはグローバル展開自体はしている…)

要はユーザーが少ないのでカスタムロムとかroot化を頑張るユーザーが少ないので情報が少ないです。
色々遊びたい場合はあまり適していません。

日本の国内市場だけを見てキャリア(docomo、au、softbank)とべったりでスマホを売ってきたのが国内メーカーです、だからSIMフリーの端末が少ないのです。
2010年くらいの時点でSIMフリーで売り始めていれば世界のスマホの勢力図はかなり違ったものになっていたでしょう。

で、どのメーカーがオススメかと言うと台湾のAsus、中国のHuawei、xiaomi、アメリカのMotorolaでしょうか。

性能云々ではなく、ユーザーが多く開発コミュニティが活発なのが今挙げたメーカーのスマホです。

HTC、LG、Samsungは高額機体が多いのであまりオススメできません。
製品の出来だけで言うとHTCはすごくいいのですが、勢いが全くありません、私は結構好きだっだのですが非常に残念です。

日本国内のメーカーであるSharpとSonyでも古ければ安いものはありますが、root化とカスタムロムは絶望的(SonyはSharpに比べればマシだけど)なのでそういう遊び方をしないのであればという感じでしょうか。

下記が端末を選ぶ際の注意です。
カスタムロムが入れられる端末であればAndroidバージョンは気にする必要は無いですが、国内メーカーを選ぶのであればバージョンはすくなくとも6以上は欲しいかなと思います。

  • Android: 6 以上
  • メモリ: できれば3GB以上
  • ストレージ: 最低16GB、できれば外付けmicro SDカードが入れられる
  • ボタン、USB端子、Wi-Fiが壊れているものは使い物にならない
  • バッテリーが膨らんでいるものはダメ
  • カメラとかスピーカーが壊れているのはホトンド気にする必要なし
  • 画面割れは中の液晶が洩れてなくてタッチが効けば気にする必要なし

AndroidにTermuxを入れる

Termuxがいいを参照してTermuxをAndroidに入れてください。

Debianのインストール

TermuxだけでもLinuxぽく使えるので気にならなければTermuxで十分です。

でも、よりLinuxぽくしたい場合はDebianを入れましょう。

ミネラルウォーターみたいですね、Debian。

まずTermuxを立ち上げてから下記のコマンドたちを打ってください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
# debootstrap等をインストール
$ pkg install debootstrap proot wget

# debian用のディレクトリを作り移動
$ mkdir storage/deb
$ cd storage/deb

# アーキテクチャーのチェック
$ uname -m
## 結果が aarch64だったら
$ debootstrap --arch=arm64 stable stable http://ftp.debian.org/debian/
## 結果が x86_64だったら
$ sudo debootstrap --arch=amd64 stable stable http://ftp.debian.org/debian/
## 結果が i686だったら
$ debootstrap --arch=i386 stable stable http://ftp.debian.org/debian/

# binds ディレクトリを作成
mkdir binds

# start-debian.shの作成
$ vim start-debian.sh

# 下記の矢印内を記述
#↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

#!/data/data/com.termux/files/usr/bin/bash
cd $(dirname $0)
## unset LD_PRELOAD in case termux-exec is installed
unset LD_PRELOAD
command="proot"
command+=" --link2symlink"
command+=" -0"
command+=" -r stable"
if [ -n "$(ls -A binds)" ]; then
for f in binds/* ;do
. $f
done
fi
command+=" -b /dev"
command+=" -b /proc"
## uncomment the following line to have access to the home directory of termux
#command+=" -b /data/data/com.termux/files/home:/root"
## uncomment the following line to mount /sdcard directly to /
command+=" -b /sdcard"
command+=" -w /root"
command+=" /usr/bin/env -i"
command+=" HOME=/root"
command+=" PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin:/usr/games:/usr/local/games"
command+=" TERM=$TERM"
command+=" LANG=C.UTF-8"
command+=" /bin/bash --login"
com="$@"
if [ -z "$1" ];then
exec $command
else
$command -c "$com"
fi

#↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

# 実行権限を追加
$ chmod a+x start-debian.sh

# debianの実行
./start-debian.sh

# パッケージのインストール
$ apt-get update
$ apt-get upgrade

$ cat /etc/lsb-release
$ apt-get install tzdata

$ apt-get install net-tools
$ apt-get install wget git
$ apt-get install build-essential

これでDebianが入りました。

Debianのインストールに関しては下記のサイトを参考にさせてもらいました、ありがとうございます。

http://beta-notes.way-nifty.com/blog/2018/11/termux-ubuntude.html

AWSより安い

まだ、TermuxとDebianをちゃんといじっていないので何ともいえないのですが、AWSのEC2に仮想Linuxマシンを作るとかよりも安くLinuxマシンが手に入ります。

Androidさえ買ってしまえばそれで終了です、AWSのように毎月の支払いはありません。
あるとしたらAndroid端末への充電代だけでしょう。

AWSか他のVPSを契約しようか迷っていたのですが、しばらくはTermux&Debianで色々やってみる予定です。

Android 10のお菓子のコードネームは「なし」です

以前、Android Q のお菓子のコードネームは Quetchentaart に決定! するかも という記事を書いたが、ついにAndroid10のコードネームが決定した。

下記の記事を見てほしい。

「Android Q」の正式名はお菓子ネームなしの「Android 10」に ブランドロゴも変更

なんと、お菓子のコードネームは「なし」である。

びっくり。

梨ではなくて「なし」である。

あれだけ盛り上げておいて、結局なしってどういうことか。

Quetchentaartでいいではないか、だったらAndroid 9のPieは止めてほしかった。
あんなにやる気ない名前つけるならあの時やめときゃよかったのに。

別れを切り出せずにズルズル続けちゃって、お互い歳とってからやっぱ別れようかみたいな感じである。

CupCakeとDonutというかなりやる気ない名前から始めてKitKatとかOreoとか結構いい感じの名前をつけるまで成長したのにこれですか。

ネコ科の動物のコードネームとかカリフォルニアの地名とかより夢があってよかったのに。

非常に残念です。

目的地に着かない感じ

京王線のどこか知らない駅に行かなきゃならないのになかなか着かない。

歩いていると周りが繁華街みたいになってきて、もうすぐ駅かなと思っていたら住宅街に出ていて、駅にホントに着かない。

寝坊した。

最近なかなか目的地に着かない夢を見る。

私はどこから来たのか、私は何者なのか、私はどこに行くのか。

私の目的地はどこなんだろうと最近よく考える、なんつって。

跡取りを残さずに去る、ディープインパクト死す

ディープインパクトが死んだ。

父ディープの種牡馬はかなりいるが、偉大な父を超えるような牡馬はまだ出てきていない。

ライバルのキングカメハメハも今年から種付けを止めることになったので2019年は日本を代表する種牡馬2頭が引退した年として記憶されるだろう。

キングカメハメハはロードカナロアという自身の種牡馬成績を超えそうな跡取りを残すことができた、ルーラーシップも頑張っているし、日本の有名どころの血がたくさん入ったドゥラメンテの産駒デビューも控えている。

キングカメハメハの系統の一番の強みは、サンデーサイレンスの血が入っている繁殖牝馬に種付けができるということである。
ドゥラメンテはサンデーサイレンスがばっちり入ってしまっているのでちょっとこの例からはもれるがロードカナロアにはサンデーは入っていない。

逆にディープ産駒の弱みはサンデーサイレンスが入っていることである。
だからサンデーサイレンス系の繁殖牝馬にはつけられない。

主流の血統は、同じ血が多くなっていくので同じ血が多くなればなるほどつけられる繁殖牝馬は減っていくというパラドックスがおきる。

日本ではディープインパクトの父のサンデーサイレンスの血を持った馬が多くいるので、サンデーを持っていない種牡馬が強くなるのは当然といえば当然である。

つまり日本ではディープインパクトの後継種牡馬が生まれにくい状況になっている。

まあでもしかし、おそらくこれからも長い間日本競馬を代表する1頭であり続けるはずのディープインパクトに優良な後継種牡馬がいないというのは悲しいことである。

で、独断と偏見で後継種牡馬を下記のようにまとめてみた。
父ディープインパクトの種牡馬は大体3つのジャンルに分かれる、はず。

マイラー~2000メートル タイプ

  • トーセンラー
  • ダノンシャーク
  • リアルインパクト
  • スピルバーグ
  • サトノアラジン
  • トーセンスターダム
  • ダノンプラチナ
  • リアルスティール
  • サトノアレス
  • ダノンプレミアム
  • ケイアイノーテック
  • ディーマジェスティ
  • アルアイン

父ディープインパクトで一番多いのがこのタイプである。このタイプは父の得意としたクラシックとは距離が違うので正直どう扱っていいのかよくわからない。
でも一番玉数が多いこのタイプの中に最良の後継種牡馬がいそうな気もする。
リアルインパクトとかは今年デビューの産駒が頑張っているのでもしかするかもしれない。

クラシックディスタンス タイプ

  • サトノダイヤモンド
  • マカヒキ
  • キズナ
  • ワグネリアン

ダービーで連対したタイプがクラシックディスタンスタイプであるが、ダービーで連対したがためにその後クラシック路線を歩んだという側面もあるはずで、実際はマイラーの可能性もある。
ここから後継種牡馬が出ると考えるのが人情だが、たぶんここからは出ないのだろう。

特殊 タイプ

  • フィエールマン
  • ディープブリランテ
  • ロジャーバローズ
  • エイシンヒカリ
  • ミッキーアイル

本来ならクラシックタイプやマイラータイプに入るはずなのだが、印象が強烈な産駒をここにあげてみた。これらが後継種牡馬になると非常に熱い。
ディープブリランテは結果が出てしまった感があるが、同型のエイシンヒカリやロジャーバローズは結構いい線いくかもしれないというか、私が好きだからいい線いってほしい。

ミッキーアイルなどはスプリンターかもしれないのでロードカナロアに勝負を挑んでいってほしい。

file-keeperでPhotoshopとかIllustratorでバージョン管理?する

1年くらい前から始めてるプライベートでの開発ですが、yourdeviceくらいしか発表できるものがありませんでしたが、ついに第2段が完成いたしました。

何を開発したか

私が業務でもプライベートでも開発をする時に使っているアプリケーションはSublime Textとターミナル(Cygwin)です。

Sublime Text でコードを書いて、ターミナルでGitコマンドを叩いてコーディングの結果と履歴を保存していきます。

Gitコマンドはコーディングの履歴をたどれるので不具合があった時とか、どんなコードを過去に書いたかがわからない時とかに簡単に参照ができるのでとにかく非常に便利なのです。

自分の書いた過去のコードの中身が簡単に見られるので、まあとにかくホントに便利です。

ですが、Gitは普通のテキストファイルしか見られません。

PhotoshopとかIllustratorとかのファイルも管理はできますが、どんな編集をしたかみたいなとこは見られません。

それがずっと悩みだったのです。

PhotoshopとかIllustratorの編集履歴の中身を見られるものを自分で作ればいいと思いましたが、それ作るの大変そうだな?と思ってあきらめていました。

先日、会社の同僚とPhotoshopの話をしている時、「Photoshopを保存するたびに自動的にバックアップを取ってくれるライブラリとか今はあるかもね」と何気なく私が言いました。

自分で言った発言がその後も気になっていて、これ、自分で作れるよなと思いました。

やりたかったPhotoshopとIllustratorのバージョン管理「みたい」な感じのことができるなと思いました。

で、作ったのがfile-keeperです。

file-keeperの使い方

  1. Node.jsのインストール

Node.jsをインストールします。2019年7月20日時点では10.16.0 LTSをオススメします。

  1. file-keeperのインストール

WindowsならコマンドプロンプトかCygwin、Macならターミナルを開きます。
file-keeperはWindowsでしか動かしていませんが、MacもLinuxも動くはずです。

で、下記のコマンドを叩きます。

1
$ npm install -g file-keeper

これでfile-keeperのインストールが完了です。

  1. バックアップを作りたいPhotoshopファイルの場所に行く

さっき開いたWindowsならコマンドプロンプトかCygwin、Macならターミナで下記のコマンドを叩きます。

1
$ cd <行きたいディレクトリ>

コマンドプロンプトの場合、エクスプローラーで目的のファイルがあるフォルダを開いてShiftを押しながら右クリックでそのディレクトリに移動した状態のコマンドプロンプトが開きます。

  1. file-keeperの起動

3で移動したディレクトリが表示されているのを確認して、下記のコマンドを叩きます。

1
$ file-keeper
  1. ファイルのバックアップ

目的のファイルをPhotoshopで開いて編集して、保存します、すると自動的にファイルのあるディレクトリにdistディレクトリができあがり、保存された瞬間のファイルがコピーされます。

で、保存するたびにそのファイルがコピーされます。

同じファイル名だと保存のたびに上書きされてしまうので、自動的にその瞬間の日付と時間を入れてファイルを保存します。

こんな感じ

何を言っているかよくわからないかもしれないので、こんな感じです。

1
2
3
4
5
6
nantyara_folder/
|- backupsitai.psd < これをバックアップする
|- dist/ < ここの中に日付を付けて保存
|- backupsitai_20190720_220855.psd
|- backupsitai_20190720_220856.psd
|- backupsitai_20190720_220901.psd

nantyara_folderの中にバックアップしたいPhotoshopファイル「backupsitai.psd」があるとします。

nantyara_folderに移動してfile-keeperとコマンドを叩いてから、「backupsitai.psd」を開いて保存すると、保存するたびにdistの中に日付の付いたファイルがバックアップされていくという仕組みです。

もちろんPhotoshopだけでなく、Illustratorファイルでもいいですし、WordでもExcelでもOKです。普通のテキストファイルでもいけます。

詳しくは下記を参照してください。

npmのfile-keeperのページ

使ってる技術

基本はNode.jsです、というかNode.jsだけ使ってます。

実際に使えるか

検証中です。実際の業務でまだ使っていないので自分で使って改良してきます。

何も告知してないのにもかかわらず、公開1週間くらいで150くらいダウンロードされてます。
多いのか少ないのかわかりませんが、ちょっとうれしいです。

タイトルに「バージョン管理」というワードを入れちゃいましたが、Gitみたいにバージョン管理できるわけではありません。
保存ごとに新しいファイルができていくので、実際に管理するにはそれを一つ一つ開いて確認しなきゃならないので「管理」というよりも「バックアップ」です、あおってすいません。

よかったら使ってみてください。

JuneとJulyがわかりにくい

JuneとJulyがわかりにくい、どっちもJuで始まって4文字。

職場での出来事。
6月のある日、業務で使っているWebサービスの更新期日が”July”となっていたので慌てて同僚に更新するように依頼した。
ところが同僚から、「Julyだから7月ですよ、慌てないでも大丈夫ですよ。」と言われたのだ。

英語圏の方々は瞬時に判別がつくのだろうか。

数字でJulyとJuneはやめて数字で書けよと思うよ、私は。